スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六義園 冬の散策 梅は咲いたかな?

オレタチは寒さにめげず、
東京都文京区にある公園「六義園」にやってきました!


【乾燥日記】総合マップ

六義園(りくぎえん)は小石川後楽園と江戸の二大庭園を成していたそうです
元禄8年(西暦1695年)徳川綱吉(五代将軍)から下屋敷として与えられたこの土地を
柳沢吉保が自ら設計と指揮を行い、池や山を築き、なんと7年かけて
「回遊式築山泉水庭園」を完成させたということです。


解説

六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園です。
庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、
すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、
紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来します。

庭園は中之島を有する大泉水を樹林が取り囲み、
紀州(現在の和歌山県)和歌の浦の景勝や和歌に詠まれた
名勝の景観が八十八境として映し出されています。

明治時代に入り、岩崎弥太郎氏(三菱創設者)の所有となった当園は、
昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されることになりました。
昭和28年3月31日に国の特別名勝に指定されました。
【出展:東京都公園協会】


それではすてきな門をくぐっていきましょう

庭園への入口

なんと老梅はいい感じです。あと1週間かな?
老梅

そして巨大な「枝垂桜」!春は綺麗だろうなぁ、きっと
また見に来ようっと。

しだれ桜

庭園の真ん中は「池」です。水鳥たちはいるだろうか?
池を眺める

ちなみに「救命具」なる簡単な「ウキワ」も装備されているので
いざというとき安心です。

うきわ

このケヤキはすごい。そうとうな樹齢を重ねています。
けやき巨木

なんと分かれ道の案内に「御茶屋」さんの案内。
行くしかありませんね(^^)

分かれ道

山を表現しているエリアには熊笹まであって、本格的です!
熊笹

吹上茶屋に到着。
抹茶とおかしのセット¥500をいただきます。
浜離宮のよりはマイルドなお抹茶です。

お茶屋2

やはり今年は寒いのか、こちらの梅はまだまだですね。
しかし、1個だけ咲いてる根性のあるやつがいました。

梅

「藤代峠」!
登ってみましょう!

峠

頂上からは六義園を一望することができます。
江戸の頃は「江戸城」まで見えたそうです。
【頂上で他の人に説明していた、ガイドさんの弁】

峠の頂上

峠から別ルートで降りてくると、
そこは水鳥たちとオトモダチになれそうなポイントが!

水辺の野鳥

おっ!いたいた。ハシビロガモのつがいですね。
野鳥

ここの庭園は、いろいろな道のりがあるので、橋もたくさんあります。
橋1橋2

日向の池の岸では、カモらが上陸してくつろいでおりました。
ひなたぼっこ

ここは横浜の「三渓園」のようにダダッ広くはなく、
ほどほどの広さながら、庭園内のアプローチが多様で
とても楽しめる庭園です。
疲れずに春夏秋冬を楽しむには最高です。
皆様も一度散策してみてください。


【六義園:ご案内URL】

で、体も冷えましたので、数年ぶりにこのラーメン食べに大塚駅前へ
ホープ軒
【ホープ軒 大塚店】
ラーメン¥600ナリ
関連記事
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

ペソ兄弟

Author:ペソ兄弟
乾燥しているのが大好き!
ペソ兄弟です。
シメリケは大嫌い!
ジメジメせずにカラッと行こう!
色々な場所に出没して、リポートします。
おお!っと思ったら、「拍手」をポチッとお願いしますね。
オレタチ兄弟の励みになります(^^)/

今日の潮目
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
オレタチへ
メールはこちらへ

Designed by Shibata

乾燥日記へようこそ
現在の閲覧者数:
まいどおおきに
最新記事
最新コメント
GoogleAdSense
月別アーカイブ
AMAZON
最新トラックバック
カテゴリ
ペソ兄弟推薦リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。